岡田 幹彦先生  平成23年11月11日

 

昭和21年、北海道生まれ。國學院大學中退。
学生時代より日本の歴史および人物について研究を続け、
月刊『明日への選択』に「上杉鷹山」「二宮尊徳」「明治の御代を仰ぐ」
など歴史人物伝を連載するとともに、
全国各地で講演活動を行っている。
『歴史街道』(PHP)などへの寄稿のほか、
平成21年~22年、産経新聞紙上で「元気のでる歴史人物講座」を連載した。


現在、日本政策研究センター主任研究員。

 

 

今、国難の時期


 1. 元寇


   2. 幕末


   3.日露戦争


   4. 大東亜戦争後の占領


 5. 平成の国難

 


日本は必ず、立ち上げる      皆が信じている。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

日露戦争

 

  乃木 希典

 

    東郷 平八郎

 

この二人が、功労者

 

ぜひ、岡田先生の著書をお読み下さい。

 

 

 

 

 アラブ世界

 

     日露戦争  を称賛

     アメリカに攻め込んだ国は日本、だけ    

     日本はなぜ、

   世界でいちばん人気があるのか

 

   近代100年の歴史

   素晴らしい

 

   明治

     日露戦争

     太平洋戦争

 

   独立戦争

 

   世界で植民地支配を終わらせた

 

   天皇の元に、一つに纏まっている

      素晴らしい

 

 

  天皇陛下は

           

            国や好かれ

            民安かれ

          毎日、お祈りしてみえる

 


 

ーーーーーーーーー

 

日露戦争

 

 西洋に闘いを挑んで、  勝った国は無い

 

 国力     10倍    

 軍事力  50倍 

 

 の差があった

 

 

 

  生き残るための、乾坤一擲の闘いに挑んだ

 

  武士道    精神性   が    優れていた

 

 

  戦争に一番大事


          人間力  

          指導力

          精神性

          独創力

 

 

 明治天皇


         乃木希典を高く評価   

 

         第三軍将兵の勢いを評価した    

 

   山縣有朋

 

  「 国家、国民を一つに纏める人物  

      明治天皇がいた    」

 

  乃木夫人  

 

        息子二人をお国に差し上げた    

 

        よく死んでくれたと、

        夫婦とも語っていた

 


 

旅順攻略戦

 

    参謀本部

 

          ロシア戦力    15000人     200門    対する

                   実際    40000人     600門  

 

          日本             50000人     300門

                             16000人      死亡  

 

         士気を保ち攻め落とした

         28榴弾砲 を持ってきた

 

         要塞の仕組みが分かったクロパテキン

         三年は持ちこたえると言っていた

 

         旅順攻略戦に負けたら、

         日本は大敗戦になる

 

 

-----------------

 

 

戦力、戦術、用兵、 火力、

 

  兵力が欠けていた

    物理的には100%敗戦

    大将の為に死んでもいい部下が、乃木希典は持っていた

    児玉参謀長が来たから、勝ったのでは無い

    トンネルを掘って、爆発させた旅順陥落

 

    世界が驚嘆     3個師団+1個師団      

 

    旅順の勝利がなかったら

    日本海海戦     奉天回線   の勝利は_無い

 

 

  

奉天


    80万人     46万人              

       ロシア        日本    

 

 34万人が満州の平原で対峙した

 

 乃木第三軍の死線戦闘で逆転勝利

 

 

 乃木将軍  

 

      国民、世界が評価した

 

      花も実もある将軍乃木大将の葬儀は国民葬  

      夫人も

 

ーーーーーーーー

 

 

日本海海戦

 

  イギリス人も認めた旅順の太平洋艦隊  

      日本も準備に、一年をかけた

 

      戦艦二隻を失うバルチック艦隊

 

      戦力      ロシア    8隻     戦力は 1.5倍の差

                        日本     4隻


 

  東郷平八郎海軍大将

 

      ネルソン    トラファルガー海戦で

      100年前世界一の海軍大将

 

      東郷、 感情の制御に長けていた  

      30-40年の修練の賜物  

      一切もの言わない、 表情を変えない

 

     東郷長官には神経が無い

     明治天皇が信頼していた。

     東郷がそれに答へた

     明治天皇が誰よりも部下の才能を評価していた

 

      日本は戦艦はまだ作れ無かった  

      巡洋艦まで

  世界は今度は日本が負けると思っていた。

 

    バルチック艦隊を叩かないと、

      日本の交渉は上手いかない。

      ロシアは交渉に乗らない。

      決戦に誘い込む

 

      目の前で回転

         戦略無視

         東郷ターン

            8−6隻  撃沈

           日本    水雷艇   3隻のみ

        圧倒的勝利

        世界が信じなかった。

 

      空前絶後の勝利

      東郷の指導力、

      部下のやるきを100%引き出す

 

 

     日本が勝った事で、世界の有色人種に勇気を与えた

      アジア、アフリカ、ポーランド

                       ー東郷、乃木の名前が多い

 

     民族開放独立の英雄


 

---------------------

 

   東北震災

 

          涙を流し、耐えた    

 

 

 

 

主な著書


  『西郷隆盛』(日本政策研究センター)
  『東郷平八郎』(同上)
  『明治のサムライたち』(同上)
  『東郷平八郎-近代日本をおこした明治の気概-』(展転社)
  『乃木希典-高貴なる明治-』(同上)
  『小村寿太郎-近代随一の外交家その剛毅なる魂-』(同上)
  『日本を護った軍人の物語』(祥伝社)

 

 

著書のブックカバーより

 

小村寿太郎: 近代随一の外交家その剛毅なる魂

 

凄い外務大臣がいた。

日露戦争前後7年あまり外相として日本の政治外交を取り仕切り、

近代日本を強国に躍進せしめた小村寿太郎。

その軌跡をたどり、今日の日本外交を問う。

 

 
乃木希典: 高貴なる明治

 

日露戦争を勝利に導いた陸軍最高の名将にして
近代随一の国民的英雄だった乃木希典。
その生涯を顧み日本人に自信と誇りを回復させる。

 

東郷平八郎: 近代日本をおこした明治の気概

 

日露戦争の勇者、東郷平八郎。
列強は偉大な海軍提督と仰ぎ植民地の国々は独立の夢を育んだ。
日本の誇るべき英雄の一代記。

 

上記図書のある人の感想

 

「岡田幹彦先生の日露戦争関連三部作(展転社刊)
 この3部作を読まずして日露戦争は語れません。

 司馬遼太郎の「坂の上の雲」では  味わえない感動がここにはあります。
 一人でも多くの方にお読みいただきたい。

 日本の未来を語る上でもこの3部作は欠かせません。

 自分が日本に生まれてよかったと心から思える本です。

 涙が止まりません。 」