赤澤 貴洋先生  平成24年10月5日

 名城病院  腎透析科  医師

 医療系バンド  ハ―トフルホスピタル  代表

 1993年  半田高校卒業

 2000年  金沢医科大学  卒業

 

 2007年7月「医療系バンド」として病院や

 医療現場の出来事を歌った「経過良好」でデビュ―。

 名古屋を中心に病院や老人保健施設での

 慰問ボランティアコンサ―トを主な活動としている。

 各種ライブイベントやメディアにも精力的に出演している。

 メンバ―は全員医療関係者で構成されており、

 CDの流通販売収益は全額臓器移植ネットワ―クや

 骨髄移植推進財団に寄付している。

 2008年には闘病中の夫を献身的に

 看病介護する老夫婦を描いた、2ndCD「永い二人だから」が

 反響を呼び、CW曲「あなたがいたから」が

 TV番組のエンディングテ―マに採用される。

 カラオケ(DAM)にも3曲配信されている。

 最近では、厚労省や地方自治体主催の

 医療福祉系イベントへも多数出演している。

 

 普段なかなか伝える事が出来ない医療現場での

 実際の出来事を通して、改めて感じて欲しい

「命の尊さ」や大切なヒトへの「愛情」を歌い続けている。

 

 TV東京「ボランティア21」のエンディングテ―マ

  H20年5月~10月

 テレビ出演、ラジオ出演は多数ある

 

 ★闘病中の夫を献身的に看病する老夫婦を描いた

    2ndCD  「永い二人だから」

 ★普段伝えられない医療現場からの感謝の想い

    3rdCD  「ありがとう」

 ★乳癌撲滅への願いを込めた

    4rtCD  「マンモグラフィ―」

 ★医療現場から届ける「生きていく」応援歌

    5thCD  「明日へ」